在学生の方

就職活動のマナー

社会人の常識を身につける

これから社会人として働くための第一歩として、就職活動においても最低限のビジネスマナーを理解し、接する人への思いやりをもった、社会人としての常識を身につけましょう。ここでは就職活動で重要視される基本的なマナーをご紹介します。

企業・医療機関訪問の参加にあたって

1.
訪問計画表を事前に作成しておく。
2.
必ず事前に電話連絡をし、約束をとっておく。(約束の時間は絶対に厳守)
  • 大学名、学科、氏名は相手から聞かれる前にはっきり名乗る。
  • 「ただいま、お時間はよろしいでしょうか?」と相手の状況を確認する。
  • 目的や用件を簡潔にまとめておく。
  • メモは必ずとり、日時を復唱する。(自分の都合のよい日時だけを強調しない)
  • 電話をする際、忙しい時間は避ける。出社直後、退社前、昼はダメ。(訪問する際の時間もほぼ同じ)
3.
「自由な服装で」と言われても、身だしなみを整える。(自家用車両での訪問は禁物)
4.
筆記用具・メモ用紙・印鑑・朱肉・企業資料は最低限持参する。

企業によっては、履歴書(自己紹介書)・成績証明書・卒業見込証明書・健康診断証明書・推薦書等が必要な場合もある。

5.
受付では、「大学名」・「氏名」・「訪問目的」をはっきりと告げ、担当者の指示を待つ。
6.
質問事項は、事前に整理しておき要領よく尋ねる。企業案内を読めば判るような質問は厳に慎む。
7.
相手の質問はよく聞き、簡潔に的を得た返答をする。
8.
最初から、待遇・条件・福利厚生などについて執拗に質問することは、皆さんの就職意識を疑われることになりかねないので、話が十分まとまった時点でする。
9.
面談内容は、面接や再訪問の際に役立つので、相手に断わったうえでメモしておく。
10.
訪問した際、企業指定の「訪問記録票」に記入させられる場合もあるので、「志望動機」・「職業観」・「希望する仕事内容」など自己分析をしっかりしておき、積極的に自己PRできるよう準備しておく。

企業によっては、「訪問記録票」を保管し採用後の人事に活用しているところもある。

11.
訪問後は礼状を送付する。

服装について

男性
  • ヒゲは当日の朝、必ず剃る。
  • ネクタイはエンジや紺の落ち着いた色。
  • スーツは紺やグレーのシンプルがおすすめ。
  • アイロンはビシッとかけておくこと。
  • カフスは×。
  • オーソドックスなビジネスに適した靴。
  • ソックスは黒か紺。
男性
女性
  • 化粧はナチュラルメイクで。口紅やチークは濃くなりすぎないように。
  • バックはA4サイズの書類が入るもの。ブランドのロゴ入りは×。
  • 紺かグレーのスーツに白や薄いブルーのシャツ。ヒザ丈スカート。
  • ストッキングはデンセンに注意。予備を忘れずに。
  • 3~5cmのシンプルな黒のパンプス。
女性
共通
  • ヘア・スタイルは清潔感が一番! ナチュラルヘアで。
  • フケ、汚れチェック!
arrow_forwardインターンシップに参加する arrow_forward企業説明会に参加する