在学生の方

面接試験のマナー

1.受付

(1)会社に一歩足を踏み入れた時から面接は始まっていると思って行動すること。
(2)受付で「大学名、学部学科、氏名」を名乗り挨拶をし、面接に来たことを伝える。

2.入室

(1)面接室に入る時はドアを2回ノックし、静かにドアを開ける。
(2)中に入り、ドアの方を向いて閉める。(後手で閉めないこと)
(3)ドアを閉めたら、その場で面接官の方へ向き直り、「失礼します」と会釈をする。
(4)面接官の指示に従って受験者用の椅子の所まで進み、椅子の横に立ち止まってから、改めて面接官に礼をする。

3.自己紹介・着席

(1)「大学名、学部学科、氏名」をはっきり名乗り、「よろしくお願いします」と言う。
(2)「どうぞ」などの着席の指示を待ち「失礼します」と返事をして着席する。
(3)着席の姿勢は、背筋を伸ばして胸を張り、男子は足を肩幅位に開き、両手を軽く握って膝の上におく。女子は両足を揃え、両手を軽く組んで、膝の上におく。

4.面接

(1)応答は面接官の顔を見て、明るく意欲のある表情でハキハキと答える。
(2)面接官が複数の時は、質問者の方向に上半身を向けて応答する(視線だけ向けないように注意する。)

5.退室

(1)面接が終ったら椅子の横に立ち、面接官に向かって「ありがとうございました」と言い、礼をする。「失礼します」と言ってドアの前まで行く。
(2)ドアの前で面接官に向かって再び「失礼します」と言って会釈をし、入室の時と同様に、静かにドアを開け退室する。
(3)部屋を出ても気をゆるめず、担当者に礼を述べてから帰ること。